作成者別アーカイブ: 川上 秀一

川上 秀一 について

医療法人明輝会理事長 吉野東ホームクリニック院長

ガーリック(ニンニク)ブレード

Vivid Farmからニンニク収穫。秘書のFさんが種を蒔いて育てたニンニクです。なぜニンニクなのか、Fさんに訊いてみました。目的は二つ。大きな黒ニンニクを作って食べたいから。もう一つ、理事長を元気にさせたいから。前者が本当の理由でしょうが、余程私は元気がないみたいです。写真はガーリック(ニンニク)ブレードというそうで、魔除けになるらしい。

スクリーンショット 2022-05-24 7.44.59

秀景荘の化粧直し

築約30年になる秀景荘の外壁工事が終わったと連絡を受け、見に行ってきました。家の中の古い布団、テーブル、昭和40年代に作られたマッサージ機等捨ててあってスッキリしました。もう少し手入れをして、コロナ禍があけたら明輝会職員に解放したいと思います。ここから見る高千穂峰は素晴らしい。そういう意味で亡き父が秀景荘と名づけました。スクリーンショット 2022-05-02 6.45.25

COVID-19

今週も若い世代にコロナ陽性者が多い。月曜日10人、火曜日22人の発熱外来受診がありましたが、そのほとんどが20代以下で、ほぼ半数がPCR検査陽性になります。抗原検査だけで診断したケースは3、4人でした。抗原検査はその場で自分で行なっています。試験紙を懸濁液に入れて1、2分で陽性を示すバンドが現れた場合はウイルスタンパク質が多いのでPCR検査はしません。抗原検査の判定時間は10分〜30分で下すことになっていますが、待つまでもなく陽性とします。ここには保健所が機能不全になっていることも影響しています。PCR検査を全ての判定基準にしたら12時間から24時間その人の診断が遅れます。これではますます社会の動きが止まってしまいます。SARS Cov-2の変異による性質の変化に応じて、医療側の応対を変えないといけないと思って日々臨床しています。ちなみに昨日26日の鹿児島県感染者数は974人と過去最高数でした。

スクリーンショット 2022-04-27 7.07.19

夏野菜

先週、ピーマン、ミニトマト、ナス、キュウリ、カボチャ、スイカ、イチゴの苗を買ってきてVivid Farmの畑に植えました。気分転換に良いのでチャレンジしました。カボチャ、スイカ、イチゴはビニールハウスの中です。タヌキや鳥から守るためビニールハウスの中ですが、それよりすごい暑さで焼けるかもしれない。心配です。今畑にあるのは、黒ニンニクとタマネギです。スクリーンショット 2022-04-12 5.47.37

増えてきたCOVID-19

今週月曜日、火曜日、吉野東ホームクリニックの発熱患者数はそれぞれ10人と9人でした。そのうちPCR陽性者は月曜日は7人、火曜日4人でしたが、火曜日の陰性者のうち2人は偽陰性と考えています。これが正しいならもう少し陽性者が多いことになります。それと、先週からCOVID-19が若い人たちの間でかなり広がっていると感じています。しかもそれはワクチン接種を受けていない方に多いように思われます。10代、20代のワクチン未接種の方は今からでもワクチン接種を是非受けていただきたいと思います。

スクリーンショット 2022-04-07 6.14.20

COVID-19

今週になってCOVID-19が増えている。昨日の吉野東ホームクリニックでは10人の発熱外来の受診があったが、そのうち7人がPCR陽性者であった。実に70%。そのほとんどが若い人、50代以上は1人だけ。20代が5人。10代1人。症状は軽い。発熱がみられた日は1日かせいぜい2日。あとは平熱になっている。喉の痛みを訴えるが、咽頭はさほど赤くない。コロナが心配で検査を希望して来院しているケースが多く、調べなければ2、3日で治ってしまうだろうと考えます。COVID-19になったか知りたくて来院しているのは、周囲へ感染させてはいけないという気持ちが第一の動機と推察していますが、一方で重症化しないうちに(軽症のうちに)治したいという本能的判断だと思うのです。重症化するかしないかを判定できるマーカーがあれば良いのにとずっと思っています。きっと重症化する患者さんの血中には何かしらの特別なタンパク質が増加しているはずだから、第一線の専門病院の研究部門の先生方が早くそのタンパク質を発見して測定系を確立してほしい。それに加えて有効な経口薬が出て来れば、COVID-19は今の指定感染症の位置から外すことができると思います。

スクリーンショット 2022-03-30 22.17.14

リンク

3月10日、よしの訪問看護ステーション所長 横尾智子さん、次期所長となる尾堂将志主任、汐田一誠事務長の4人で、よしの訪問看護ステーションの歴史、その役割、これから先、所長という立場について、トークしました。ちょっと長いトークになったので、20分に短縮しました。表紙のYOU TUBEからアクセスできます。スクリーンショット 2022-03-29 23.38.18

コロナウイルスの3回目職域接種

昨日と今日の2日間薩摩川内市入来町にあるサンフラワーいりきにおいて看護師4人、事務員2人、医師2人の8人でアクシーズさんの職員813人のコロナワクチン3回目接種を行いました。さすがに3回目になると、手際よくできました。1日目の昼休みが90分あったので14km離れたところの寺山公園の千本桜を観に行きました。満開ではなかったけれどもとても素晴らしかった。二日の今日は大雨で会場にじっとしていました。
スクリーンショット 2022-03-26 21.08.02

自宅のソメイヨシノ開花

自宅のソメイヨシノが開花していることに気付きました。確認が遅れたのはちかごろ冷たい雨が多かったので庭に出ることを厭わっていたからです。吉野台地のソメイヨシノもいっせいに開花しています。明輝会クリニック周囲も、吉田インター前の県道沿いにも、吉野公園でも。自宅以外のソメイヨシノの開花は訪問診療の途中で見ていました。花はきれいで、僕たちの気持ちを和めてくれるのに、世界には一人の人間の起こした戦争の悲しいニュースが連日もう1か月続いています。1日も早くこの戦争が終わり、ウクライナに平和が訪れますように強く祈念します。

スクリーンショット 2022-03-24 22.04.33

内村内科・腎クリニック

内村内科・腎クリニックは神奈川県横浜市にあるクリニックです。院長は当法人会長の長男内村英輝先生で、2019年開業です。ホームページをみていただくと一目瞭然ですが、素晴らしいクリニックです。2022年2月27日、東京の地上波テレビである東京MXの「Doctor’s eye」という番組でクリニックが紹介されました。
「Doctor’s eye」はここから→https://weidea.jp/archives/uchimura_hideki/
その中で内村英輝先生が腎臓病・生活習慣病に取り組む熱意、チームワークで透析医療を実践している様子が紹介されていました。コロナ禍で私自身まだ内村内科・腎クリニックを訪問しておりませんが、是非都会のクリニックの風を感じたいものです。内村英輝先生がんばってください。

追記:明輝会クリニックの前の前の名称は「内村内科」でした。それを私が変更したことを心苦しく思っていましたが、会長の長男である内村英輝先生が遠く横浜の地で「内村内科・腎クリニック」と「内村内科」の屋号を残してくださったので安堵し、とても嬉しく思っています。
内村内科・腎クリニックのホームページはこちら→https://uchimura-kidney-clinic.com 

スクリーンショット 2022-03-17 16.26.17